« 人手不足の問題を抱える建築業界 | トップページ | 建築業界の今から見る »

2016年9月20日 (火)

倒産が相次いだ建築業界の今。

浮田哲州『建築業界』
約10年ほど前から倒産が相次いでいる建築業界。
不景気や物価の上昇にともない、建物を建築すること自体を控えている傾向があり、建築業界は大打撃をくらってしまいました。
そんな倒産が相次いだ建築業界も、ここ最近では盛り上がりを見せ始め、景気が上がってきています。
原因の一つとして、2020年に行われる東京オリンピックです。
東京で沢山の建設が行われ、選手村や競技場・外国人向けのマンションなどと、建築の現場にたずさわる人の手が足りない程までに回復しています。
この勢いで、日本中の建築に関わる人々の景気が潤えば良いと感じずにはいられません。
東京オリンピックの建設ラッシュはまだまだこれからで、より業界の方は忙しくなるのではないでしょうか。

« 人手不足の問題を抱える建築業界 | トップページ | 建築業界の今から見る »

建築業界」カテゴリの記事