トップページ | 倒産が相次いだ建築業界の今。 »

2016年9月 6日 (火)

人手不足の問題を抱える建築業界

浮田哲州『建築業界』
建築業界は人手不足が常態化しており、深刻な問題となっています。
経営基盤の脆弱な中小零細企業が多数を占める建築業界には、厳しい受注競争の中で経営状況の改善や労働条件の向上などが立ち遅れているという現実があります。
しかし、偶然的な要素ではありますが、東日本大震災や東京オリンピックなどの需要もあり、徐々に求人が増えている傾向も見られます。
この業界が魅力ある基幹産業になるためには、この業界が内包する諸問題を解決し、産業構造の改善や高度化を図っていくことが喫緊の課題となっています。
その一環として、企業間における契約などのルールの面で不合理な内容が発生した場合には、その適正化を重要視することで発展の道を目指しています。

トップページ | 倒産が相次いだ建築業界の今。 »

建築業界」カテゴリの記事