« 2016年現在の建築業界 | トップページ | 建築業界の景気の安定に必須な公共事業 »

2016年12月 6日 (火)

建築業界に訪れる復興需要

浮田哲州『建築業界』
建築業界は、その世間的なニーズにより景気動向が大きく左右される業界であると言えます。
動向を左右する要素の中でもやはり大きいのは、近年で言えば東日本大震災や熊本大地震といったような災害による復興需要の存在です。
その他にも動向を左右する要素はあると言えますが、とりわけこれらの復興作業には公共事業費が多く投入されるため、これらをうまく生き抜いている会社が厳しい建築業界をリードしていく存在になっていくと言っても過言ではありません。
復興需要はわかりやすい需要の図として意識が必要な点ですが、それだけではなくどこにニーズが存在するのかということをしっかりと把握する能力が、建築業界には求められていると考えられます。

« 2016年現在の建築業界 | トップページ | 建築業界の景気の安定に必須な公共事業 »

建築業界」カテゴリの記事